気分が良すぎる時は誇大妄想にご用心!

気分が良く、自信がみなぎっとる時は、えてして、自己過大評価し物事にスカしてまう事がおま。例うたら、昇進後、気ぃおっきくなってまい、返済能力超えた借金してまうといった事がおまっけど、自己の過大評価は他人は気付きやすくても、本人はなかいなか気付き難い面がおま。時には、本人の知らないうちに、自己認識が誇大妄想に近くなっとる場合もあるだっしゃろう。

今回は、わがに対して非合理的な程、強い自信抱いてまう誇大妄想についてお話したい思いま。


誇大妄想の特徴と原因誇大妄想は被害妄想、嫉妬妄想なんぞとおんなしく妄想の一種だす。「わがは全世界の富握っとる」、「わたいは織田信長だある」、「わがの作品は後世に残る凄いもんやのんに認めてもらえておらへん」なんぞ、誇大妄想は他人が非唱えても決して揺あらへん程、強い信念だす。

もっとも、わが特別だある思うナルシスト的傾向は多少の差こそあれ、わたい達の気質におま。自己心理学の創始者H.コフートによると自己愛のルールは幼児期、母親の完全保護から離される時、わがの心守る為に生じるそうやすが、わがへの強固な自信が誇大妄想に変わる原因にはいはいろいろな説明が考えられま。

誇大妄想が劣等感からわが守る為に必要となる場合や何かの成功や気分の高まりがナルシスト的自負心に拍車さしてもた場合もあるだっしゃろう。精神医学の大家S.フロイトの説は、誇大妄想は同性の他人愛する代わりにわが愛する事意味し、同性愛の思考が意識に上るの防いどおるそうやす。いずれにせよ、誇大妄想が生じとる時は心の病気ぃ考慮する必要がおま。

次に、誇大妄想の出現しやすい心の病気ぃついて述べま。


誇大妄想の出現しやすい心の病気誇大妄想が出現しやすい心の病気としては以下の3つが代表的だす。

躁うつ病 躁うつ病は気分の波がおっきすぎるのんが特徴の心の病気だす。躁うつ病のそう状態になると気分の高揚と共に自信が湧き上がって、なんなと出来るような気ぃなり、誇大妄想が生じやすくなりま。頭はフル回転通り越して空回り状態となり、次から次へアイディアが浮かぶもんの、思考にまとまりが欠けやすくなりま。薬物療法によって気分の振幅コントロールする必要がおま。
妄想性障害 妄想性障害は精神症状が主に妄想に限局しとる心の病気だす。妄想性障害では妄想の内容が被害妄想だある事が多いねんが、誇大妄想だある場合もおま。妄想除くと精神機能にほぼ問題はないさかい、社会的機能は比較的保たれまっけど、やっぱ、人間関係、仕事面でのトラブルは生じやすいだす。社会的機能改善する為には治療が望ましいだすが、本人は治療の必要性ほとんど自覚しとらへんちゅうむずい問題がおま。
統合失調症 統合失調症では現実と非現実の境界がぼやけてまい、幻覚や妄想が出現しやすくなりま。誇大妄想の内容は妄想性障害と比べると、より奇妙で非合理的な傾向がおま。統合失調症の原因は脳内伝達物質ドーパミンの機能異常がおっきな要因であり、薬物療法によって脳内でのドーパミンの働き調整する事によって、幻覚や妄想は、ようけの場合、おっきく改善されま。

上記の心の病気で見はるように、自己への過信が誇大妄想になっとる場合は病的状態だある事は明らかだす。せやけど、自信過剰と誇大妄想の境界は曖昧なもんで、強固な自信糧に成功するか、それとも自己過信してスカしてしまかの分かれ道にもなりま。自己認識と現実とのギャップ作らない事が大切だす。自信過剰と誇大妄想の境界線上にいるかあからん時、特に、何かで成功して気分が高揚しとる時は、勝って兜の緒締めるちゅう古来からの教え思い出しまひょ!

ホルモンが影響? 出産後に多いうつ病とは

子供の誕生は人生のおっきな節目の一つだす。子育てちゅう社会的責任はおっきなもねんが、子供の成長はようけの人にとって人生の生きがいだす。

せやけど、喜びもたらすはずの子供の誕生が、意外にも、うつ病のきっさしになってまう事がおま。今回は産後うつ病について、お話したい思いま。


うつ病の始まりは一見、マタニティ・ブルー出産直後は喜びで気分が高揚するもんの、その後、気分が憂鬱になってまうマタニティ・ブルーはようけの方が経験しとりま。通常、数週間以内で消失し、精神医学的に問題のある現象とちがわしまへん。せやけど、憂鬱な気分が数週間経っても収まらず、以下のような症状が出現しとる場合は注意が必要だす。

意欲の減退<今まで楽しめていた事が楽しめない<睡眠障害<食欲低下<涙さくい<集中力の低下<感情の振幅がおっきい<性に興味が湧かいない<社会的な引きこもり

これらの症状と共に、生活上、わががあんじょう機能しんようになろうがたら、産後うつ病の可能性がおま。産後うつ病は出産直後とは限らず、出産後半年以内のいつでも起こり得ま。次に産後うつ病の原因とリスクの高い人について述べま。


産後うつ病の原因うつ病は生活環境で生じるストレスや本人の体質的な要因が複合的に組み合わさって発症しま。産後うつ病では、こうした一般的なうつ病の原因の他に、出産後に急激に変化する体内のホルモンが発症に関与しとりま。

妊娠中は女性ホルモンの血中レベルは高く維持されとりまっけど、出産後、急激に低下して、妊娠前の元のレベルに戻りま。また、出産後、体内の代謝調節する甲状腺ホルモンのレベルが低下し、気分が落ち込む原因となる事がおま。

出産後の急激な女性ホルモンの変動はすべての人が経験しまっけど、あもろん、大部分はうつ病とは無縁だす。実際に、うつ病が発症するのは10%程度だす。これらの人達は、体質的に女性ホルモンの変動に気分が左右されやすかったり、生活上、おっきなストレス抱えとる場合が多いだす。

男性は、出産後の女性の体には生理的なおっきな変化が生じて、うつ病のリスクが高い状態になっとる事理解して、相手大切にケアしまひょ。


産後うつ病のリスクの高い人以下のような場合は出産前後のストレスがおっきく、また、女性ホルモンの変動が気分へ影響与えやすいさかい、産後うつ病のリスクが高まりま。

早産、難産なんぞ、出産が順調でなんだ時
妊娠中の病気
予期していなんだ妊娠
パートナーと不仲で、サポートが得られない
経済的な不安
過去にうつ病、特に、産後うつ病の経験
月経前後に精神的に不安定になりやすい
うつ病から回復するためには、早めに精神科や神経科受診するのんが大切だす。出産のようなお目出度では、周りの人は皆、祝福してくれるさかい、憂鬱な気持ち告白する事はなかいなかむずいかもしれません。うつ病は、放ってちょうたら治るちゅう病気ではのうて、病院受診すべき病気だあると、知っとく事は大切だす。特に、死にたい気持ちが生じた時は、じきに病院受診しまひょ。<なお、出産後のうつ病は女性だけとは限らしまへん。男性も子供の誕生がストレスとなってまい、うつ病が発症する事がおま。うつ病には用心しまひょ!

脳血流で精神疾患判断、全国7施設でほぼ確立

うつ病や統合失調症なんぞの精神疾患脳の画像検査で診断する方法が実用段階に入ってきた。


 「近赤外光脳計測装置」(NIRS)用いて脳血流の変化測定し、それぞれの病気ぃ特有のパターン判別する検査法が、全国7施設の共同研究でほぼ確立した。東京大病院なんぞは、実際の患者の診断に使い始めとる。

 精神科では、血液検査や画像のような客観的な診断手法が乏しく、おんなし患者でも医師によってちゃう病名がつくことも少んようにない。

 NIRSによる画像検査は、ヘルメット型の装置頭にはめてもらい、「あ」で始まる言葉ぁ声に出してもらうなんぞちょろいテストしもって、前頭葉の血流変化調べる。

 東大や国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)なんぞ7施設が、2004年度から共同で研究開始。健常者約1000人、精神疾患の患者約500人の画像蓄積した。統合失調症の患者は、健常者より血流量がぼちぼちと増えるなんぞ、それぞれの病気で血流の変化にちゃいがあり、通常の面接だけでは病気の判別がつきにくかった患者もほぼ区別でけることがわかっらぁゅう。

 東大病院精神神経科の笠井清登教授は「面接だけでは診断が遅れたり、不適切な薬処方されて症状が悪化するケースもあったが、診断名がつき、治療方針が明確になることが患者にとって安心につながっとる」と話す。東大の検査は6月末まで予約がいっぱい。

不安症状を誘発する物質

もしも不安感じたら、どない対処されまっか? つれとのおしゃべり、カラオケなんぞ、個人個人のやり方がある思いまっけど、中には、問題があるもんもおま。例うたら、「そないな時はお酒やるのんが1番!」と言う方はちょう注意が必要だっせ。アルコール飲ねん後、かいて、不安症状が出現してまう場合があるねん。

不安誘発する物質は、アルコールの他にも幾つかおま。今回は、物質誘発性の不安についてお話したい思いま。



不安症状誘発する物質の特徴
一般的に、脳に作用する物質は、脳内のバランスに影響与えるさかい、不安症状出現さす可能性がおま。不安症状はその物質の使用中、または、中断後しばらくして現れま。不安誘発さす物質には以下のようなもんがおま。

・ アルコール
・ カフェイン
・ ニコチン
・ 鎮痛剤
・ 精神安定剤
・ 法律で禁止されとる薬物(大麻、覚醒剤なんぞ)

出現する不安症状の程度には個人差がおまっけど、概ね、その物質の摂取量に比例しま。日常生活に支障が出るほど不安症状が強い時は、物質誘発性不安障害になりま。
<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。